スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉めばる 5

2013.03.25 (Mon)
2013_0324(日) 外房

土曜の夜は混み合いそうなので敢えて日曜に標準をあわせての釣行。

釣れている今だから他のフィールドも探ってみようと明るいうちにいくつかの港を巡って雰囲気を調査。
どの港もチェックポイント満点でどこへ行くか迷うも、大型が期待できそうな1つと数が獲れそうな1つを攻めるコトにします。

18:00辺りが暗くなって来るのを待っていざ港へ

猫が'うぅー'鳴きながら喧嘩している様子がすっかり春になったことを感じさせます。
2013_03240002.jpg


今のところ・・・トラ劣勢、白トラツートンが圧しているようです(笑
しばらく眺めていましたが決着付かず、人間のギャラリーがいると真剣勝負出来ないようなので去ることにしました。

まずは大型が期待出来そうな港Aへ

港へ着くと、人・人・人・・・・。大量の先行釣り人。昼より更に増えている模様(汗


管理釣り場か!?


と思える程たくさんいます。それだけ釣果が安定してるってことだろうケド・・・。

一応やってこうかと準備を始めますがその間にも更に釣り人が増え


ヤメにしました。海岸線の地形、水深など好条件がそろっていますが、人口密度が高いと好きに投げられないので、次回平日に来てみることにします。



次、港B
こちらは水深は3・4mくらいで浅いものの、海藻がたくさん生えているので型は小さくともメバル自体は棲んでいそうな場所です。

釣り人もまばら

チビメバル爆を期待して0.7gGH+スクリューテールで港内を探りますが反応有りませんね・・・。
常夜灯下は鉄板だろ!?と思っていましたがこちらも×


期待は全く外れてしまいましたが、風も波も穏やかなのでテトラに乗って外を探ります。

波打ち際までやや距離が有るのでムリヤリ抜ける太軸フックに交換。海底でテトラが切れているであろう距離までキャストしていきます。

外海側もかなり海藻が生えているらしく結構絡んできますが、TX74MH激モンの優れていること!ウィードが弱いのかロッドが強いのかは判断つきませんが掛かった藻から切り離すのが非常に楽です。




かなり表層に近い位置で'つん'と反応・・・

合わせると・・・確かに何か付いている。


2013_03240005.jpg

アジでした。もっとデカかったら刺身にしたところです(^_^)




一通り探って反応ないので、一応・・・大型の潜んでいるかもしれない沖目へフルキャスト。っつってもそんなに飛んでないですけど。



テトラの向こうは砂地かと思っていましたが意外と遠くまで海藻が繁っているようです。そこそこ水深もあるな・・・とウィードを切っていると


海藻タッチではない反応!擬音でいうと・・



ぬっ!


・・・デカい時のパターン!!!

ばしっと合わせて、想定通りっデカい!チチチチチチっとドラグが滑ります。

何度も抵抗されますがロッドが伸されることはなく、さすがMHの表記はダテじゃない、ゆとりも有りつつ足下まで寄せて、引っこ抜き!




2013_03240014.jpg


こいつは結構デカいぜ!!
前回までのフィールドとは違い黒の強い焦げ茶色の格好いい個体。ヒレがくたびれているのが玉に瑕だけど・・・






計測ぅ~。


2013_03240009.jpg


惜しい!惜しすぎる・・・(^_^;)尺ったかと思ったけど僅かに30cmに届いていないっす。



帰ろうかと思っていた気持ちにやる気が復活してキャストを続けましたが、アジらしき表層ショートバイトにもてあそばれるのみで、21:00潮も下げ止まりなので終了としました。


数を獲ろうと思って行った港で、真逆のビッグワンに嬉しい気持ちと、観察力っていうか経験値の小ささを思い知った釣行でした。


Rod:Breaden-Glamourerockfish tx74MH
Reel:Daiwa-Certate 2000
Line:Sunline-Castaway #0.8
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://gakinotsukai3832.blog70.fc2.com/tb.php/107-9e3b920d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。