生きています!

2011.03.14 (Mon)
私も嫁さんも無事に生きています☆
命の危機をマジで感じましたが(汗

東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方のご冥福と、現在も安否が分からない方々のご無事をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

ドゥバップー♪

2010.09.13 (Mon)
なんでもない日の夕食後嫁サンが突然、「そろそろ落ちたくなってきた!」と・・・・

まるで意味不明だったけど、要は遊園地行こうよってことでした。


また違う何でもない日の夕食後、「一回くらいドゥバップしときたいよね?」

・・・、野口観光に泊まるってことね!(北海道限定?の良く流れるあのCM)

たぶん、ホテルに行ってもドゥバ感は全然ないと思うけど・・・・



2010-09-11

嫁サンの誕生日に合わせて小旅行へ。
お泊まりは野口観光【洞爺 湖畔亭】〝湖上32m。天空のパノラマ露天風呂からの湖の眺めが、比類なき美しさと、訪れる人を圧倒する絶景の湯宿です。〟

俺は、定山渓で良かったんでない?と思ってましたが洞爺にしたのにはワケがあって【洞爺湖 ロングラン花火大会】を見たいから。

2010_09120014.jpg

今年は釣りに夢中で花火大会も行ってなかったなぁ、とちょっと反省。
この花火、子供だましではなくまじめな打ち上げ花火で、10月末まで毎日上げるらしいです。この夏釣りばかりで嫁・子供に花火を見せていないあなた!まだ間に合います(笑


お風呂も食事も良かったけれど、私の1番は目覚めの景色ですね~。
朝、カーテンを開けたときの景色の良いこと♪窓を開けて、やや冷んやりした風が寝起きの体に当たって清々しい気分です。またこの日の天気が良かったのもサイコーです。


2010-09-12


留寿都の遊園地へやってきました。
印象は、絶叫マシンが充実してる・・・
二十歳の頃なら全部制覇する元気がありましたが(^_^;)思ったよりおっさんになっていたようで、途中棄権(笑
あまり混んでいなかったので回転率がよすぎて・・・待ち時間2分くらい。絶叫マシンって次々乗るともの凄く疲れます。そして、油断すると酔います(汗
小さい頃「お母さんは下で待ってるから、兄弟で乗ってきなさい・・・」と言っていた母親の気持ちがちょっと分かりました。

そして、ある意味旅の目的の

2010_09120025.jpg

フリーフォール!
鬼のようなマシンだぜ・・・・横から見るとカーブフォールだし・・・
他のマシンもそうだけど、一番上まで上ったときに乗ったことを後悔します。
「あ・・あ・・・ムリ!  ムリ! むりーーーーっ!  あ゛あ゛っーーーーー」気分爽快っ☆


私が気に入ったのは、こちら

2010_09120027.jpg

スペースショット
Be happy!のかけ声で一気に上昇のあと急降下・・・五臓六腑が宙に浮きます!



というわけで、温泉で疲れを癒し、遊園地でその癒しを使い果たした週末でした。
マップでしか見ていませんがゲレンデとしてのルスツもまた楽しそうですね。
Category: | Comment(0) | Trackback(0)

ボート 3

2010.08.31 (Tue)
2010-08-29(日)

 会社の仲間からボートのお誘いを受けたので、ここ最近の不調を払拭できるかな?と思い景気づけに行ってみることにしました。前回の様に酔って釣りにならなくなるといけないので週末のナイトゲームは見送り・・・

 勇払マリーナ14:00出
アブラコはまぁまぁ、クロソイも良型が上がってるって事だったので期待しましたが・・・・


船内は、アブラコ・アブラコ・アブラコ・アブラコ・アブラコ・アブラコ・・・・ソイ!でした(^_^;)

2010_08290001.jpg



ちなみに私はオール・アブ(汗
決して爆釣ではないものの、掛かればデカイ感じでほぼ40upでしょうか。引きは良いんですけどね、毎回のように40、嫁にも40、なちゃんにも40、後輩も40、ヤマp先輩56、  56!?といった感じで、陸っぱなら嬉しいサイズも平凡になってしまって・・・なんだかなぁ???よほど大きくないと面白く無いかも・・・一旦根から離してしまえば高確率でキャッチに至るし(^_^;)ヤマpさんの56はデカかった!

体調も万全で波も無かったんで酔うことはなかったですけど・・・イマイチでした(^_^;)
やっぱ、陸っぱり修行に励みます(笑

Rod:Evergreen-conbatstick tactics 69H
Reel:simano-metanium mg7
Line:?? FC 16Lb
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村


Category: | Comment(2) | Trackback(0)

ボートロック 2週連続(^_^;)

2010.07.13 (Tue)
「今週も行こうよ♪」
の誘いを受けその目の輝きに押され・・・2週連続(^_^;)


shakeさんのブログを見るとでっかいソイが上がっているようなので、『次は日本海にしましょう!』
ってアクションに先輩が即バイト、色々電話してくれたようで決まった場所が小樽!?

もしかすると・・・



~埠頭とか~マリーナとかから出航するかと思いきや、先輩の場所の説明は「小樽運河の端の方!札幌から来たら右だわ!道路が直角にカーブする辺り!」、私(端ってどっちよ!?右って・・・どの道走って!?直角!?なのにカーブ???)直前になって焦り見事に遅刻ぎりぎり(汗

そして乗るボートは・・・おお!あのshakeさんじゃないっすか!?
ほぉぉ!この人が自称船酔い船長ね!
ブログのことはみんなに内緒なので当たらず触らず。期待は高まります☆

今回は嫁サンもなっちゃんも一緒です。
この2人を連れて、日本海、リグ未完成で出航したのが悪かったのか?うねりがあったからか?残念なことに・・・完全に船酔いしてしまいました。薬飲んだのに(T_T)

前回読んでくれた方に訂正、ご報告。
酔い止めの薬が進歩してバッチリ効いたのではなく・・・防波堤の内だったから波が弱くて揺れなかっただけ・・・です

そして更に残念なことに酔い止めを服用した次の日はキョーレツに眠いッス(=_=)

私は早々にダウン・・・後半暗くなってから再開するも陸っぱり以下の貧果(T_T)情けないッス・・・
みんなもガヤの猛攻に遭った・・・だけ!に限りなく近い状況で苦い日本海初ボートとなりました。

嫁サンもガヤだけはたくさん釣れていた様です。
2010_07110024.jpg


前日はでっかいソイ釣れていたみたいだし・・たぶんリグが軽すぎたんだなぁ・・・

前回ボートもなかなか楽しいもんだな♪と思っていましたが・・・今回の波だと私にはちとキツイ・・・



Rod:Jackson-Riprapstage 7032
Reel:Daiwa-Certate 2506
Line:Sunline-Castaway #1
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村



Category: | Comment(2) | Trackback(0)

初☆ボートロック

2010.07.06 (Tue)
2010-07-04 (日)

 あれは・・・7年ほど前、陸っぱりバスの釣果に限界を感じフローターを購入☆意気揚々で入水♪が・・・・気分が悪くなり中断(T_T) 釣りが趣味でありながら小学生並みに乗り物酔いする私はこの時から水上に出ることを断念、数ある機会を全て断り続けてきました。

 2週前くらいから「すーさんも行きませんか?」と後輩からの誘いはあったものの、へろへろに船酔いしてみんなに迷惑掛けるのは申し訳ないので今回もことごとく「俺は行かないよぉー♪」と断り続けていたところ、やまP先輩から最後の一押し「すーさん来ないと淋しいっす」の口説きに降参し同行を決意。嫁サンに話すと自分も行くと・・・大丈夫かな??

13:30勇払マリーナ出航 ばっちり1時間前に酔い止めを服用☆
向こう側の雲がいかにも夏!って感じです。

2010_07040024.jpg

こんな真っ昼間にソイが釣れるのか?と私的には半信半疑ですがみんなボートってだけでテンションは高め♪
2010_07040028.jpg


今日は風向きの関係で入れるポイントが限られているとか・・・いきなりのマイナス情報ですが・・・付いた場所は沖堤のすぐそば、いっそのこと渡して欲しい(^_^;)

「どうぞー!」の声で実釣開始。
波で船が揺れるのと潮で流されるのとで思ったようにリグを操作できず、陸っぱりの時の様にはいきません
誰も当たりのない時間がやや過ぎたあと待望のバイト☆

おっす!

2010_07040029.jpg

1stキャッチ頂き☆と思いきや3秒後くらいに嫁もキャッチ!嬉しいダブルヒットです♪


船全体の釣果のほとんどはアイナメでMAX48cm、惜しくも50upはでなかったもののどれも45cm前後で結構楽しめました♪

夕方になってソイの反応がバタバタッとあって30cm前後、嫁サンもイイ感じのガヤをキャッチして嬉しそうです☆
2010_07040037.jpg


期待値には到底届かなかったものの、みんなそれぞれ釣れていて楽しい初ボートロックとなりました。

心配した船酔いは薬の効能のおかげさまで全く感じられず、機会があればまた行きたいな☆と思っているところです。


Rod:Jackson-Riprapstage 7032
Reel:Daiwa-Certate 2506
Line:Sunline-Castaway #1
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村
Category: | Comment(2) | Trackback(0)
back-to-top